elsur.jpn.org >

« 読了:05/14 | メイン | 読了:08/17 (F) »

2005年5月16日 (月)

Muthen, B. & Muthen, L.K. (2000) Integrating Person-Centered and Variable-Centered Analyses: Growth Mixture Modeling With Latent Trajectory Classes. Alcoholism: Clinical and Experimental Research, 24(6), 882-891.
Mplusのページから。潜在クラス分析,潜在transition分析,潜在クラス成長分析,成長混合モデル,一般成長混合モデルについて紹介した啓蒙論文。タイトルがちょっと大上段なのは,どうやら雑誌の特集テーマとあわせたかららしく,内容はとてもわかりやすい。収穫であった。もっとも,これを読んでも自分で分析できるようになるわけではない。Mplusを買いやがれ,ということだろうな。

Jones, B.L., Nagin, D.S., & Roeder, K. (2001) A SAS Procedure Based on Mixture Models for Estimating Developmental Trajectories. Sociological Methods & Research, 29(3), 374-393.
著者のページから。PROC TRAJというのをつくったからつかってね,という論文。Muthenの論文でいえば LCGMにあたるのだろうか。数理の論文はからきし読めないんだけど,こんなふうに全く理屈抜きだと,それはそれで不安になる。

論文:データ解析(-2014) - 読了:05/16