elsur.jpn.org >

« 読了:06/26 (C) | メイン | 読了:07/01 »

2005年6月29日 (水)

Bookcover 虚妄の成果主義―日本型年功制復活のススメ [a]
高橋 伸夫 / 日経BP社 / 2004-01
成果主義は間違っている。動機づけの期待理論には説明力がない。大事なのは内発的動機づけだ。日本型年功制は素晴らしい。という本。
 ビジネス書の常として,自慢話あり無駄話ありのエッセイ風読み物に仕立てられているのだが,さすがに一線の研究者が書いただけあって,読み応えがあった。
 とはいえ,なにぶん不勉強なもので,いろいろ疑問も残った。(1)成果主義が全部間違っているというのはいいとしても,日本型年功制が一番正しいことにはならないのではないか。年功制への不満はすべて制度の運用の問題に帰着する(つまり,制度自体の問題ではない)んだそうだが,運用が大変な制度というのはそれなりの問題があるのではないかしらん。「上司は親身で丁寧な評価を心がけよう」というアドバイスでは,答えにならないと思う。(2)これはこの本にとっては本筋じゃないんだろうけど,正社員の雇用体系の話ばかり聞かされても,なんだかなあ,と思ってしまう。「見通し」があることが大事だといわれても,非正規雇用にはそもそも見通しなんてないわけだし。うーん,なんだか脱力してきた。

ノンフィクション(-2010) - 読了:06/29