elsur.jpn.org >

« 読了:07/24 (C) | メイン | 読了:08/06まで (C) »

2006年7月24日 (月)

Bookcover 自閉症―これまでの見解に異議あり! (ちくま新書) [a]
村瀬 学 / 筑摩書房 / 2006-07
自閉症者が示す特異な記憶力の「謎」は,実は我々の日常認知が持つ謎そのものである。遠くの日付を聞いただけでぴたりと曜日を言い当てる能力をただ珍しがるのではなく,カレンダーという偉大な道具,そして日付の認識のしくみにこそ焦点をあてるべきだ,云々。なるほどなあ。とても面白い本で,思わず一気読みしてしまったが,では自閉症者の認知メカニズムについての理論的特徴づけを与えてくれるのかというと,そういう本ではない(たとえば「心の理論」のコの字も出てこない)。ちょっとストレスがたまるのだが,そんなことを云ってると「ひととひととの関わりを無視している」って叱られちゃうんだろうな。自閉症者の認知の仕組みへの関心と,この先生の問題意識とは,別に対立する訳じゃないと思うのだけれど。

心理・教育 - 読了:07/24 (NF)

rebuilt: 2020年4月20日 19:05
validate this page