elsur.jpn.org >

« 読了:03/04まで (C) | メイン | 読了:03/06まで (C) »

2007年3月 4日 (日)

Bookcover 職場はなぜ壊れるのか―産業医が見た人間関係の病理 (ちくま新書) [a]
荒井 千暁 / 筑摩書房 / 2007-02
産業医のエッセイであった。
Bookcover 経済学の考え方 (岩波新書) [a]
宇沢 弘文 / 岩波書店 / 1989-01-20
いささか浮世離れした人生航路を辿ってきたもので,経済のケの字もわからん次第だが,せっかく虎ノ門で会社員やってんのに,さすがにちょっとまずいかしらんと反省し,ここしばらくの昼飯時にめくっていたのであった。そういう動機に照らせば,この本を手に取ったのはまさに見当違いであった。どうみても素人向けの内容ではない。正直いって,内容の1割も理解できなかった。
 ま,経済学って面白そうだなあという漠然とした印象を持つことができたので,それでよしとしよう。一般均衡理論のところまでは数式をきちんと追いかけて読んだのだが,うまいこと考えるもんだなあ,と感心した。
 俺ですら名前を知っている歴史的大学者の本だけあって,好き嫌いが遠慮会釈なく表明されていて,そういうところも面白かった。70年代の反ケインズ経済学は「理論的前提条件の非現実性,政策的偏向性,結論の反社会性を持ち,いずれも市場機構の果たす役割に対する宗教的帰依感を持つもの」であり,「紙数を割くのに忍びない」とまで仰る。いいなあ。十分な知識があればもっと感興深く読めただろうに,残念だ。

ノンフィクション(-2010) - 読了:03/04まで (NF)

rebuilt: 2020年4月20日 19:04
validate this page