elsur.jpn.org >

« 読了:11/08まで (C) | メイン | 読了:11/08まで (NF) »

2007年11月 8日 (木)

Bookcover データ解析への洞察―数量化の存在理由 (K.G.りぶれっと) [a]
西里 静彦 / 関西学院大学出版会 / 2007-07
薄いブックレット。会社を抜け出して著者の講演を聴きに行ったので,これを機に読んでみた。はじめての和書なんだそうだ。
 リッカートスケールの問題点について初学者向けに諄々と説く,という内容。とても勉強になりました。双対尺度法の紹介はごく簡単に済まされていて,その点は残念であったが,勉強したけりゃ英語で読め,ってことなのだろう。

データ解析 - 読了:11/08まで (D)

rebuilt: 2020年4月20日 19:04
validate this page