elsur.jpn.org >

« 読了:11/22まで (F) | メイン | 読了:01/07まで (C) »

2007年12月29日 (土)

Bookcover 僕の小規模な生活(1) (KCデラックス モーニング) [a]
福満 しげゆき / 講談社 / 2007-12-21
この人の自叙マンガ「僕の小規模な失敗」について,当時誰かが「この情けなさは金がとれる!」と評していて,言い得て妙だと笑ってしまった。その後この人は全国紙の書評欄で絶賛され,メジャー誌で複数の連載を持つ売れっ子になった。こうなってしまうと,肝心の情けなさも半減し,ひょっとしたらつまんなくなっちゃうんじゃないかなあ,と思っていた。
 この本はモーニング連載をまとめたもので,前作よりますます面白くなっていることに驚かされる。これが才能というものなんだろうなあ。
 都営住宅の隣室の老人が姿を見せなくなり,ベランダからのぞき込むと窓が開きっぱなしになっていて,玄関ドアの郵便受けからは異臭とともに小バエが出てくる。これは孤独死ではないかと気を揉んで,ベランダ経由で忍び込もうかとあれこれメンタル・シミュレーションを繰り返し,思い迷ったあげく警察に匿名で通報する(もちろん氏名を尋ねられ,答えないわけにもいかなくなる)。何人もの警官が押し寄せ大事になってしまい,これでもし何事もなかったらどうしようかと惑乱し,思わず隣室に向かって手をあわせ「頼む!死んでいてくれ!」 爆笑してしまったが,よく考えてみると,こういうちょっとした可笑しさは我々の日常の中に溢れているものだ。しかしそれをこのように形にするには,やはりある種の才能が必要なのだと思う。
Bookcover GUNSLINGER GIRL 9 (電撃コミックス) [a]
相田 裕 / メディアワークス / 2007-11-27

Bookcover EDEN(17) (アフタヌーンKC) [a]
遠藤 浩輝 / 講談社 / 2007-12-21

Bookcover 団地ともお 11 (ビッグコミックス) [a]
小田 扉 / 小学館 / 2007-12

ここんところ柄にもなく忙しくて,マンガしか読めないありさまだった。なんだかなあ。

コミックス(-2010) - 読了:12/29まで (C)

rebuilt: 2020年4月20日 19:04
validate this page