elsur.jpn.org >

« 読了:12/09まで (C) | メイン | 読了:12/09まで (NF) »

2007年12月 9日 (日)

Bookcover 中国戦線はどう描かれたか―従軍記を読む [a]
荒井 とみよ / 岩波書店 / 2007-05-11
林芙美子を中心に,従軍作家の文章について論じた本。著者はもう退官した先生らしくて,本のスタイルは研究書というよりエッセイに近い。軍部のチアリーダーと化した林芙美子に対して,しかし複雑な共感を隠さないところが興味深かった。
 最終章はまさにエッセイという感じの内容で,朝日新聞の投稿歌壇のとある常連さんの作品に心惹かれ,その人が従軍の記憶を歌った投稿作を日々メモし続けたあげく,ついに新聞社を通じてその人(佐藤文夫さんという人)に連絡をとってしまうのである。その作例:「帰還してやさしかりしは久里浜の砂なり老いて踏みにゆきたり」

日本近現代史 - 読了:12/09まで (CH)