elsur.jpn.org >

« 読了:05/12まで (F) | メイン | 読了:05/19まで (F) »

2008年5月19日 (月)

Bookcover さよなら絶望先生(13) (講談社コミックス) [a]
久米田 康治 / 講談社 / 2008-05-16

そういえば,数日前に新宿の書店でレジ前の列に並んだら,前方の若い女性たちがことごとく,発売されたばかりの「NANA」19巻を手にしていた。す,すごい。飛ぶような売れ行きとはあのことだろう。
俺にとっては,登場人物の誰に感情移入すればよいのかわからない物語なのだが(強いていえば,脇役のレコード会社の社員だろうか。彼らには同情しますね),きっとあの世代の女性の心になにかしら響くところがあるのだろう。それとも,TVシリーズの「24」みたいなもので,もう面白くはないんだけど,なんだか最終回までつきあわずにはいられない,という気分なのか(それはそれで大したものである)。誰か俺にわかるように説明してくれないかしらん?

コミックス(-2010) - 読了:05/19まで (C)

rebuilt: 2020年4月20日 19:03
validate this page