elsur.jpn.org >

« 読了:「日本政治『失敗』の研究」 | メイン | 井上ひさしさん死去 »

2010年4月 8日 (木)

Goodman, L.A. (2002) Latent class analysis: The empirical study of latent types, latent variables, and latent structures. in Hagenaars&McCutcheon (eds) "Applied Latent Class Analysis," Cambridge Univ. Press. Chapter 1.
 ちょっと事情があって,急遽潜在クラス分析の勉強をしなければならないことになり,いつか役に立つだろうと思って買ってあった論文集を,あわてて読み始めた次第。せっかくなので記録しておこう。
 これは1章の概説論文,というか,どうやら超えらい人による「重し」的な章らしい。よく見たら,50年代から業績がある人だ。
 前半では,2x2クロス表を例にとって潜在クラスという概念を説明。とてもわかりやすい。中盤,実は潜在クラスという考え方は哲学者のパースにまでさかのぼることができて...という話になって,へええ,と感心ながら読んでたら,突然難しくなり,ついて行けなくなった。悲しい。
 落ち込んで編者の巻頭言をめくっていたら,Goodmanの章は含蓄が深いから,この本を読み終えてから読み直すがよろしかろう,との仰せであった。はい,そうします。

論文:データ解析(-2014) - 読了:Goodman(2002) 潜在クラスモデルの歴史

rebuilt: 2020年4月20日 19:01
validate this page