elsur.jpn.org >

« 読了:「イムリ」ほか | メイン | 読了:Latent Class Analysis »

2010年5月 4日 (火)

Bookcover 入門 経済学の歴史 (ちくま新書) [a]
根井 雅弘 / 筑摩書房 / 2010-04-07
残念ながら,俺はほんとに経済学に向いてないらしい。素人向けにわかりやすく書かれているはずのこの本なのだが,ケインズ以後の話になるともうどんどん眠くなってきちゃってさっぱり頭に入らず,しかし最終章で社会学がかった人たち(ヴェブレンとかガルブレイスとか)が出てきたととたんに目が覚めたのであった。ううむ。なにかトラウマでもあるのかしらん。子どもの頃に近代経済学者に鞭で打たれたとか。

Bookcover 経済学は人間を幸せにできるのか [a]
斎藤 貴男 / 平凡社 / 2010-04-17
経済学者たちへのインタビュー集。
 斎藤貴男「経済学者にものを尋ねる場合には,尋ねる側がビジョンを用意しておく必要があるということですね」 伊藤隆敏「所得分配については,そうです。経済学者が自分で答えを書くところじゃない。それは政治家の役割です」 ... とのこと。へえー,そうなのか。それはそれでクリアな立場だ。

ノンフィクション(-2010) - 読了:「入門 経済学の歴史」ほか