elsur.jpn.org >

« 読了:「君と僕の街で」ほか | メイン | 読了:「大東京トイボックス 6」ほか »

2010年8月16日 (月)

Bookcover さようなら、ゴジラたち――戦後から遠く離れて [a]
加藤 典洋 / 岩波書店 / 2010-07-29
「敗戦後論」から15年,関連する短い文章をまとめたもの。いくつかは既読であった。
 大学院生の頃,同期生の男となにかこみいった研究の話をしていたら,ふと彼がこちらを見て,そうだ,これは言うなれば「語り口の問題」だよ,と笑ったことがあったのを覚えている。たまたま二人とも「敗戦後論」の単行本を読んでいて,彼はその本に収められた「語り口の問題」という文章を踏まえてそういったのだった。ハンナ・アーレントを手がかりに公共性の構築について論じている元の文章と,そのとき我々が話し合っていた心理学の研究にまつわる実にささやかな話題とは,まったく共通するところはなかったのだけれど,加藤典洋の執拗で曲がりくねった思考の筋道のようなものを,彼が深いところで受け止めて自分のものとしているような気がして,印象に残った。
 この著者の本を久しぶりに読んでいて感じたのだけれど,この人の文章のなかには,あとで全く違うことを考えているときにふと顔を出すようなところがある。なんというか,否応なしに深いところで受け止めなければならない,というような。それはきっと先生が,そのときに論じている問題(戦後社会とか憲法問題とか)について考えているだけでなく,その「考え方」についても極めて自覚的で,かつそこに紙幅を割いているからではないかと思う。
 たとえばこんな箇所。
 「たとえば,待ち合わせをすることになって,渋谷のハチ公前で会おう,というとき,先に来たほうが,そのハチ公前には立たないで,そのハチ公前が見える別の場所に位置して,相手がハチ公前にくるのを待つ,ということがある。ハチ公前で待っていると,いつどの方向から相手が来るだろう,いまかいまか,というので疲れる。そんなところから,こういう待ち方が生まれたのだろうが,そのもう一つの待ち場所のことを,英語では"shooting spot"というのである。つまり,シューティング・スポット(狙撃地点)とは,自分からは相手が見えて,相手からは自分が見えない場所のことをいう。これと同じことが思想についてもいえる。ものを考える上で大切なのは,むしろ自分を狙撃される位置,ハチ公の位置に立たせることだ。そうでないと,その『考えること』は,結局その人自身の身にならないだろう---。」
 「いまの若い人は戦争の話など聞かせると,『オレは関係ないよ』と思っているんですね。『オレは関係ないよ』と思っているから,なにも発言しないんです。でも,『オレは関係ないよ』といったん言えば,その発語は,次の『では,どうであれば関係が生じるか』という問いを呼ぶ。彼はそれに答えなければならなくなる。この『オレは関係ないよ』は,実は,発語されると,世界の引き受けの足場になるのです。」
 笑っちゃうような話だが,俺がこれを書き写しながら考えてしまうのは,戦後思想の問題じゃなくて,いまの勤務先の仕事のことである。きちんと考えないとうまく書けないので,曖昧な言い方になるが,ときどき誰かが小声で呟く「まあ所詮××だからね...」っていうの,あれは要するにshooting spotだと思う次第である。そしてそのように日々溢れだすshooting spotが,私たちを徐々にスポイルしていくのである。小声で呟いていてはだめだ,発語しなければ。

Bookcover 最後の授業――心をみる人たちへ [a]
北山 修 / みすず書房 / 2010-07-22
世間一般では,著者はかつてのフォーク・クルセイダーズのボーカルにして大学教授というところだが,臨床心理系の人にとっては,もうなんというかその,神様みたいな人である。この春に九大を退官なさったんだそうで,その際の記念講義をまとめたもの。意外にも,ケースは全然紹介されない。

Bookcover オリエンタリズム〈下〉 (平凡社ライブラリー) [a]
エドワード・W. サイード / 平凡社 / 1993-06
再読のような気もするんだけど定かでない。
いやあ,実に読みにくい本だった。これはただの翻訳の問題ではなくて,サイード先生の言い回しがあまりクリアでないからだろう。さらにいえば,ヨーロッパにとってのオリエンタリズムを日本の近代に当てはめると,西洋に対してはアラブ人,アジアに対してはヨーロッパ人の役回りとなり,とてもややこしくなってしまうので,その意味でもなかなか読み進みにくい。

Bookcover サラ金殲滅 [a]
須田 慎一郎 / 宝島社 / 2010-07-17

Bookcover 14歳からの靖国問題 (ちくまプリマー新書) [a]
小菅 信子 / 筑摩書房 / 2010-07-07

Bookcover マメな豆の話―世界の豆食文化をたずねて (平凡社新書) [a]
吉田 よし子 / 平凡社 / 2000-04
大豆をはじめとする世界のマメについて縦横無尽に語る,意外なオモシロ本。著者は32年生まれ,農林省の技官を経てフリーの著述家という方。海外生活の経験が豊富だわ,農芸にも食物学にも強いわ,顔は広いわ,そしてなにより,大変に食い意地が張っておられる,という。。。この本を世にもたらすために降臨してきたような人である。

Bookcover 国際貢献のウソ (ちくまプリマー新書) [a]
伊勢崎 賢治 / 筑摩書房 / 2010-08-06

Bookcover 鳥居耀蔵―天保の改革の弾圧者 (中公文庫) [a]
松岡 英夫 / 中央公論新社 / 2010-07-23
「妖怪」と呼ばれた陰謀家にして,時代劇・時代小説における定番の大悪人,鳥居耀蔵の伝記。もとは中公新書らしい。
全然知らなかったんだけど,鳥居が老中・水野忠邦の片腕として権力をふるったのはたったの六年。失脚して讃岐・丸亀に流された後,幽閉の身のまま実に二十三年間生き続け,なんと,明治元年の東京に戻ってくるのである。以後亡くなるまで,人を訪ねたり散歩したりして過ごしたそうである。長生きってひとつの勝利だ,と痛感。

ノンフィクション(-2010) - 読了:「さようなら,ゴジラたち」ほか