elsur.jpn.org >

« 読了:Bollen & Ting (2000) 因果指標のテトラッド・テスト | メイン | 読了:Hayduk,L.,et.al.(2003) d-分離:一歩進んだ因果的思考 »

2011年5月25日 (水)

Bookcover 人間はガジェットではない (ハヤカワ新書juice) [a]
ジャロン ラニアー / 早川書房 / 2010-12-16
「なるほどそういう見方があるか」と「いやそれは極論でしょう」と「この人なにいってんだかわかんない」がおのおの1/3くらいを占める,面白い本であった。
 現代のデジタル・カルチャーを「サイバネティクス全体主義者」「デジタル毛沢東主義者」と批判するところが面白かった。ソーシャルメディアを活用しようとするマーケターなんかは,どういう扱いになるかしらん。相手にさえしてもらえないかな。

ノンフィクション(2011-) - 読了:「人間はガジェットではない」