elsur.jpn.org >

« 読了:「にげまどうし」「シリウスと繭」「凍りの掌」「南国トムソーヤ」「ものものじま」「瓶詰の地獄」「たまりば」 | メイン | 読了:「野中広務回顧録」「特高警察」 »

2012年7月18日 (水)

残念ながら,感想を書きとめる時間がないのだが...

Bookcover マルティン・ルター――ことばに生きた改革者 (岩波新書) [a]
徳善 義和 / 岩波書店 / 2012-06-21

Bookcover 君主論 (岩波文庫) [a]
ニッコロ マキアヴェッリ / 岩波書店 / 1998-06-16
意外な面白本であった。文章に独特のリズムと力があって,読み飽きない。イタリア史の体系的な知識があれば,もっと面白いと思うのだが。

Bookcover 宮中のシェフ、鶴をさばく―江戸時代の朝廷と庖丁道 (歴史文化ライブラリー) [a]
西村 慎太郎 / 吉川弘文館 / 2012-04
包丁道を題材に,近世の公家家職について論じる内容であった。

Bookcover 劇場型首長の戦略と功罪―地方分権時代に問われる議会 [a]
有馬 晋作 / ミネルヴァ書房 / 2011-11

ノンフィクション(2011-) - 読了:「宮中のシェフ,鶴をさばく」「劇場型首長の戦略と功罪」「君主論」「マルティン・ルター」