elsur.jpn.org >

« 読了:「昭和元禄落語心中」「東京喰種」「俺はもっと本気出してないだけ」「ワカコ酒」「バーナード嬢いわく」「さよならソルシエ」「千と万」 | メイン | 読了: Masyn (2008) イベント発生時間の測定誤差を考慮した離散時間生存モデルを一次マルコフモデルでつくろう (というか、Mplusでつくろう) »

2013年6月19日 (水)

Bookcover 周五郎伝 [a]
齋藤 愼爾 / 白水社 / 2013-06-04
山本周五郎の評伝的エッセイ。大著だが、なにしろ話が絶えず脇道に逸れるので、あまり長さを感じなかった。
 狷介で知られた周五郎だが、やはり奥さんは大変な苦労を重ねたそうだ。で、夫の没後に奥さんはこう語っている由。「あんな気むずかしい人ンところにお嫁にいっちゃって、損しちゃッたわ」
 同情する以前に、うわあ、「おたふく」の天真爛漫なおしずさんそのものだ、とびっくり。。。

 全然知らなかったんだけど、作家の上野暸さんが、山本周五郎の「その木戸を通って」についての評論を書いているそうだ。ぜひ読んでみたいと思って探したが(「われらの時代のピーターパン」)、さすがに新刊では見当たらない。

ノンフィクション(2011-) - 読了:「周五郎伝」