elsur.jpn.org >

« 読了:「壊れた風景/象」「狭小住宅」「な、ぼくのパソコンは壊れたのか」 | メイン | 読了:Krueger & Schkade (2008) 主観的幸福度は信頼できるか »

2013年7月24日 (水)

Bookcover 幸せを科学する―心理学からわかったこと [a]
大石 繁宏 / 新曜社 / 2009-06
著者は幸福についての研究で有名な心理学者 (PSPBの副編集長だそうだ)。どうやら、まだ若い方らしいのだが...。なんで今頃になって心理学の本読んでんのかわかんないけど、諸般の事情のせいで、大慌てでメモを取りながら読んだ。
 前半は心理学分野の幸福感研究の概観といったところ。いくつかメモ:

後半は幸福感の規定因の話。

いやー、面白かった。大変勉強になりました。

 ついつい、自分の仕事に引きつけて考えてしまうのだけれど。。。知能の研究では、知能そのものじゃなくて知能の素朴概念、つまり「世間の人々が知能についてどう考えているか」を調べるという分野があるけれど、幸福の素朴概念についての研究はないのだろうか。応用領域がすごく広いと思うのだが。

心理・教育 - 読了:「幸せを科学する」