elsur.jpn.org >

« 読了:「生活保護」「ルポ・虐待」「戦士ジャンヌ・ダルクの炎上と復活」「『平家物語』の再誕」「西太后」「フルシチョフ秘密報告『スターリン批判』全訳解説」 | メイン | 読了: Asparouhov & Muthen (2013) たくさんの群を通じて測定不変な因子分析モデルを手っ取り早くつくる新手法 »

2013年9月24日 (火)

こうしてみると、ここんところ妙に戯曲ばかり読んでいる。なぜだろう。

Bookcover こんにちは、母さん [a]
永井 愛 / 白水社 / 2001-03
古本屋で購入し、帰宅して本棚を見たらすでに購入済みであった。道理で、親しみが持てる表紙だと思った。
 2001年初演の作品。老いらくの恋を軸にした家庭劇。一読して感嘆... これまでに読んだ永井愛作品のなかでも、「歌わせたい男たち」「兄帰る」「かたりの椅子」に並ぶ傑作だと思う。なんでこんなに秀作を量産できるのかしらん。

Bookcover ジャン・アヌイ (1) ひばり (ハヤカワ演劇文庫 (11)) [a]
ジャン・アヌイ / 早川書房 / 2007-09-21
ジャンヌ・ダルクの物語。時間と空間が奔放に入れ替わる現代的な戯曲であった。巧い巧い。巧すぎて嫌味なくらい。
 結末、ルーアンでジャンヌが火刑にかけられる寸前に舞台の上の全員が思い直し、ランスでのシャルル7世の戴冠式の場面に戻ってしまう。

シャルル「この男のいうことは正しい。ジャンヌの物語の、ほんとうの結末は、終わりのない結末。ぼくらの名前こそ忘れられ、混同されようとも、人々が繰り返し語り継ぐ結末、それは、ルーアンで追い詰められた、みじめな獣の境遇のなかにはない。それは、大空にあがるひばり、栄光に包まれた、ランスのジャンヌ...。ジャンヌの物語のほんとうの結末は、喜びにあふれている。ジャンヌ・ダルク、それはハッピー・エンドの物語だ!」

 なるほどなあ... 歴史に向き合うというのはとても難しいことなのだ。

Bookcover シェイクスピア全集 (10) ヴェニスの商人 (ちくま文庫) [a]
W. シェイクスピア / 筑摩書房 / 2002-04
つい松岡訳の文庫を買って読んでしまった(小田島訳が本棚にあるのに...)。ものすごーく不愉快な話。シェイクスピアをちびちび読んでいると、こういうことが時々ある(「十二夜」とか、「終わりよければすべてよし」とか)。おそらく、時代のちがいから生じるギャップが、運よく面白く感じられることもあれば、運悪く自分の深いところにあるコードに抵触して耐えがたく感じることもあるのだろう。

 この戯曲のどこが不愉快といって、登場人物がみな人を誑かす性根卑しき奴らばかりであり、しかし自分ではそうは思っていないというところだ。だいたいバサーニオってただの口先だけの遊び人ではありませんか。ポーシャは眉根ひとつ動かさず人を騙す嘘つき女だし、シャイロックの娘は軽薄で、その恋人はせっかくの財産を食い潰すに決まっている。唯一共感できるのは、あまりに正直すぎあまりに法を信じすぎたシャイロックだけだが、彼は腐敗したキリスト教徒どもの癒着と差別によって虫けらのように踏みつぶされるのである。まっことに許し難い。破産しろアントーニオ。地獄に落ちろ貴族ども。立てよ飢えたるヴェネチア人民よ! いまぞ日は近くないけどな、まだ中世だから!

Bookcover 井上ひさし全芝居〈その6〉 [a]
井上 ひさし / 新潮社 / 2010-06
傑作「父と暮らせば」「紙屋町さくらホテル」、評伝劇「太鼓たたいて笛吹いて」「兄おとうと」「貧乏物語」、それから「黙阿弥オペラ」「連鎖街のひとびと」「化粧二題」を収録。
 渡辺美佐子のロングランで有名になった「化粧」は、もともと一幕だったものを単独上演用に二幕に書き直したものであった。たまたま高校生の頃に一幕のほうを読んでいたので、あとで二幕劇のほうを読んで、これはこれで素晴らしいけど、原型のほうがもっと鋭くて衝撃的だったのに、と思ったのを覚えている。
 この全集ではじめて知ったのだが、井上さんにも反省があって、2000年に当初の一幕劇に戻し、さらに別の物語を付け加えた改作を発表していたのだそうだ。この全集に収録されているのはそのバージョン。

 酒やお茶をはさんで誰かとゆっくり話していて、その人の過去に話題が及んだ際に、話がある深さに触れた瞬間、その人の口調がどこかしら説話的なニュアンス、唄いあげるようなニュアンスを帯びることがあるように思う。これはその人の性格を問わないし、面白いことに、話し手の年齢とも関係がない。誰であれ、なにかしら自分の人生についての物語のようなものを持っている、ということではないかと思う。もちろん、こちらが勝手にそのような幻影をあてはめているだけかもしれないけれど。
 というわけで、他人と話していて不意にその人の昔話になったときは、ほんの少し身構える、というか、息を詰めるような気分になる。そんなときに思い出すのが、「化粧」一幕のラストで、女座長が不意に口調を変えるくだりだ。全集ではこうなっている。

(ハッとなり、辛うじて持ちこたえ) 敏ちゃん、塩まいとくれ。みんな、お客様がお帰りだよ。表までお送りしてちょうだい。(視線の移動でテレビ局員の去るのを示しつつ) ... 物を捨てるのならともかく、自分のお腹を痛めた可愛い子どもを捨てるんだ。その母親にもそれなりの覚悟があってそうしたんでしょうよ。覚悟の上で捨てた子どもが出世したからってノコノコ御対面とやらに出かけてゆく母親なんているものか。どのつらさげておめおめと... (突然、作り話) あたしの息子はね。北海道の岩見沢に預けてあったんです。高校を出て、岩見沢駅につとめ... 事故で死にました。駆けつけたあたしを見て、「人生ってこうしたものなんだね、かあさん」と淋しく笑って死にました。そのとき病院の窓の外を走って消えた流れ星...

フィクション - 読了:「ひばり」「こんにちは、母さん」「井上ひさし全芝居 6」「ヴェニスの商人」