elsur.jpn.org >

« 読了:Othman & Sandholm (2013) マーケット・メーカ方式で予測市場をやってみました@CMU | メイン | 読了:Chen & Pennock (2010) 予測メカニズム・レビュー »

2015年2月13日 (金)

 研究者の方々は論文をお書きになりますが(原則として)、たとえば実験なり調査なりをやっても、その結果をすべて論文にする(できる)とは限らないわけで、引き出しに仕舞われたままになる結果もある。
 いま「魚を食べると頭がよくなる」という説があるとして、その説について調べた研究者のうち、支持する証拠を得た研究者は「やったぜ」とその結果を論文にし、支持する証拠を得られなかった研究者は「やれやれ、ぱっとしないな」と結果を引き出しにしまいこんだとしよう。人々は出版された論文を見渡して「なんということだ、魚を食べると頭がよくなるという証拠ばかりだ」と考えることになる。魚屋さんは嬉しい。でも社会にとって望ましいことかどうかはわからない。これを「引き出し問題」と呼ぶ、と私は前に習ったが、より広義に「出版バイアス」と呼ぶことが多いようだ。

Franco, A., Malhotra, N., Simonovits, G. (2014) Publication bias in the social sciences: Unlocking the file drawer. Science, 345, 1502-1504.
 題名を見て気になっていたのだけど、たまたまPDFを拾ったので、お茶のついでに目を通した。

 アメリカにTESS(Time-sharing Experiments in the Social Sciences)というプログラムがあって、国レベルの代表性のある調査パネルを確保し、応募してきた研究計画を厳正に審査した上で、合格した研究者に助成金を与え、質問紙調査による実験をやらせている由。へー。
 TESSで走った研究249件を分析。うち113件が政治学、60件が心理学、ほかに社会学、経済学、コミュニーケション、公衆衛生、などなど。
 で、ググってみたりメールで問い合わせてみたり、四方八方手を尽くし、結局その研究がどうなったかを追跡した由。酔狂というかなんというか...おつかれさまでした。{一流誌に載った、非一流誌に載った、本の章になった、書いたけど載らなかった、書かなかった、不明}に分類。
 さらに、実験を分析した結果が統計的に有意であったかどうかを調べた。ここではその分析方法が正しいかどうかではなく、当該の研究者がどう思ったかが大事なので、分析をやり直したりはしない。{仮説を支持、不支持、混在、不明}に分類。

 結果。仮説を支持しなかった研究の65%は論文を書かずじまいなのに対し、混在だと12%, 支持だと4%。強烈な出版バイアスである。なお、「書いた」結果だけに注目すると、{載らなかった, 非一流誌, 一流誌}と検定の結果は関連しない由。
 「仮説が支持されず論文を書かなかった」人にそうした理由をメールで問い合わせ、返事を分類したところ、「面白いと思ったんだけど有意じゃないのであきらめた」が26人中15人、後回しにしてるだけですいずれ書きますと言い訳するタイプが9人、他のデータで書いちゃったもんねという人が2人、だった由。著者いわく、出版バイアスってのは研究者のモチベーションに起因する面も大きい、とのこと。

 話は違うが、このTESSというプログラム、実査はGfKカスタムリサーチさんが一手にやっているんだそうだ。へぇー。面白いなあ。
 いま日本のネット調査会社で、研究者向け割引というのを用意しているところが少なくないけど、なんのためにやっておるのか、と不思議に思う。いっそ院生さんにプロポーザルを出させて審査し、良い調査計画を選んで無料でやったげればいいんじゃないですかね。そのへんのスレた先生に割引価格でやらせるより全然いいと思います。きっと泣いて喜んでくれますよ、卓上カレンダーをダンボールで送りつけたら周囲に必死に配ってくれますよ。

論文:データ解析 - 読了: Franco, Malhotra, & Simonovits (2014) 社会科学における「引き出し問題」はどのくらい深刻か