elsur.jpn.org >

« 読了: Schlack (2012) "予測市場" by communispace社 | メイン | 読了: Schlack (2012) "予測市場" by communispace社 »

2015年3月 5日 (木)

Lewis-Beck, M.S. & Stegmaier, M. (2011) Citizen forecasting: Can UK voters see the future? Electoral Studies, 30, 264-268.
 えーと、著者らいわく、選挙予測で有権者に "who would you vote for?" (vote intention)と訊くのでなく、"who do you think will win?" (vote expectation)と訊いて集計すると、これが案外当たる。すでにUSでの結果は論文にしましたが(Lewis-Beck & Tien, 1999 Int.J.Forecasting)、UKでの結果をご報告します。という論文。きちんと読んでないけど、そこそこ当たるよという話である模様。
 個人的には、選挙結果が予測できようができまいがどうでもよくて、vote expectationが当たるにせよ外れるにせよその機序が知りたいわけだが、そういう話をする場所ではないらしい。

論文:予測市場 - 読了: Lewis-Beck & Stegmaier (2011) vote expectationはそこそこ当たるよ (UK編)