elsur.jpn.org >

« 読了:「私を連れて逃げて、お願い。」「ふつつかなヨメですが!」「おひとり様物語」「おんなの窓」「さらば、佳き日」 | メイン | 読了:「ナショナリズム」 »

2016年2月29日 (月)

Bookcover 神道 (ちくま学芸文庫) [a]
トーマス カスーリス / 筑摩書房 / 2014-10-08
移動中や待ち時間に読み耽っていた本。ここんところのベストワン、非常に面白い本だった。読み終わってから調べてみたら、著者は比較宗教学の偉い人なのだそうだ。
 神道についての解説書というより、実存的 vs. 本質主義的スピリチュアリティという軸を武器に、宗教性とはなにかという大きな問題を解きほぐす内容。なるほどねえ...

Bookcover 憲法と平和を問いなおす (ちくま新書) [a]
長谷部 恭男 / 筑摩書房 / 2004-04-07
Bookcover 増補新版 法とは何か (河出ブックス) [a]
長谷部 恭男 / 河出書房新社 / 2015-07-11
年始だったか、時間待ちかなにかで入った書店で何の気なしに新書のほうを買ったのだが、これがまた面白い本で、一気に読了。同じ著者の本をもう一冊探して読んだ。
 自分で読もうとまでは思わないけれど、ケルゼンという法学者の話が面白かった。この人にいわせると、違憲の法律というのは無効ではないそうだ。なぜなら、無効ならそれは法律ではないから。ということは違憲の法律も憲法の授権を受けているわけで、従って、国会は憲法から違憲の法律を制定する権限を受け取っていることになる... 分析哲学の本を読んでいるときにも感じることだけど、徹底した議論というのは、そこはかとないユーモアを生むなあ。

Bookcover ユーロ危機とギリシャ反乱 (岩波新書) [a]
田中 素香 / 岩波書店 / 2016-01-21

Bookcover 菱田春草 (別冊太陽 日本のこころ 222) [a]
鶴見香織 / 平凡社 / 2014-09-19

ノンフィクション(2011-) - 読了:「神道」「ユーロ危機とギリシャ反乱」「憲法と平和を問い直す」「法とはなにか」「菱田春草」