elsur.jpn.org >

« 読了:「ハウアーユー?」「日の鳥」「三代目薬屋久兵衛」「ドロヘドロ」「いつかティファニーで朝食を」「レッド」「闇金ウシジマくん」「ブルーサーマル」 | メイン | 読了:「日本中世史4 分裂から天下統一へ」「代議制民主主義」「筑摩書房の三十年」「バブルの物語」「ドナルド・トランプ」「日本会議 戦前回帰への情念」「人口と日本経済」 »

2016年10月 6日 (木)

Bookcover 生き抜け、その日のために ―長崎の被差別部落とキリシタン― [a]
高山 文彦 / 解放出版社 / 2016-04-22
長崎・浦上の被差別部落の解放運動と、キリスト教弾圧の歴史を辿るカトリックの神父を軸にしたノンフィクション。浦上のキリシタンの弾圧において被差別部落は権力に使嗾された加害者の立場であり、その和解までには関係者の大変な努力が必要であった由。知らなかった。

Bookcover ガルブレイス:異端派経済学者の肖像 [a]
根井 雅弘 / 白水社 / 2016-08-27
旧著の再刊。同じ版元が「アメリカの資本主義」を再刊するのにあわせての出版だそうだ。ガルブレイスさんの本はもっと読んでみたいと思っていたところなのでうれしいんだけど、これ、なにがきっかけなのかしらん。単に没後10年というだけ?

Bookcover YKK秘録 [a]
山崎 拓 / 講談社 / 2016-07-20

Bookcover 上方文化講座 曾根崎心中 [a]
/ 和泉書院 / 2006-09

Bookcover 武士道の誤解 捏造と歪曲の歴史を斬る [a]
清水 多吉 / 日本経済新聞出版社 / 2016-07-09

Bookcover 堤清二 罪と業 最後の「告白」 [a]
児玉 博 / 文藝春秋 / 2016-07-27

Bookcover なぜ蚊は人を襲うのか (岩波科学ライブラリー) [a]
嘉糠 洋陸 / 岩波書店 / 2016-07-15
いやー、面白かった。科学読み物の秀作であった。

ノンフィクション(2011-) - 読了:「なぜ蚊は人を襲うのか」 「堤清二 罪と業 最後の告白」「ガルブレイス 異端経済学者の肖像」 「武士道の誤解」 「生き抜け、その日のために」 「YKK秘録」 「上方文化講座・曽根崎心中」