elsur.jpn.org >

« 読了:Juster (1966) 購入意向じゃなくて購入確率を訊け | メイン | 読了:Min & Agresti (2002) ゼロがやたらに多い非負データの分析方法レビュー »

2018年6月 4日 (月)

木山幸輔 (2017) RCT至上主義とその問題:E・デュフロと開発経済学の潮流について. 同志社グローバル・スタディーズ, 8, 93-113.

 最近、仕事の関係で「ABテスト最高!」的な発想、いわばRCT至上主義に出会うことが多く、ううむ、それは場合によるのでして...と心のなかでぶつぶつ反論したりすることがある。なにかの足しになるかと思って読んでみた。あまりに魅力的な題名なもので。

 えーっと、開発経済学という分野には、最近「RCT至上主義者(ランダミスト)」と呼ばれる立場があるのだそうだ。その代表的研究者であるDufloという人の立場を紹介し、批判する論文であった。この人には「貧困と闘う知」という著書があり、訳書もある模様。面白そうだな、今度読んでみよう。
 蓋を開けてみたら、「RCT至上主義」という題名から想像していたのとはかなりちがう内容だったのだが、それはそれで面白かった。勉強になりましたです。

 以下、読みながらとったメモなのだが、とにかく全くの門外漢なので、全然信用できません。

云々。

 いやもう、ど素人もど素人なので、全然よくわかんないんですけど、「あるアウトカムに対するある施策の効果測定という課題がある、RCTで推測しましょう」という、(外的妥当性という難問を含むとはいえ)価値フリーでノンシャランな話と、いやあなた、その課題設定自体が暗黙のうちにコレコレな価値にコミットしてない?社会的文脈を軽視して局所最適に墜ちてない?といったもっと大きな話とは、マーケティング・リサーチの場合ならば、それはもう、スパアッ!ときれいに分けちゃうわけである。その良し悪しは別にして。
 しかしこの論文にはその両方が入り組んだ形で入っているし、きっとこの論文が扱っている分野では、そうそうきれいに分けられないんだろうなあ...と思った。そこんところは教育測定によく似ている。

論文:その他 - 読了:木山(2017) RCT至上主義 (in 開発経済学) とその問題