elsur.jpn.org >

« 読了:池谷・長坂(1993) スーパーを地図にプロットしてみた | メイン | 読了:土橋(2009) 5都市で住民の生活満足度をアンケート調査し、経済企画庁「新国民生活指標」と比較した »

2018年6月12日 (火)

竹村和久(1992) ファジィ多属性態度モデルによる購買目的地選択の分析について:エリア・マーケティングのための消費者心理測定の提案. , 地域学研究, 22, 119-132.

 かの竹村先生の若き日の論文。多属性態度モデルを拡張し、属性に対する信念とその評価の両方をファジイ数にする、という内容であった。適用例は購買目的地選択。ちょうどブランド選択を説明する際に多属性態度モデルを使うように、「××を買うときにどこで買うか」選択をこの拡張モデルで説明する。
 タイトルに「エリア・マーケティング」とあるのに反応して手に取ったという事情があり、肝心のモデルのほうは適当に読み飛ばしてしまった。すいません。

論文:マーケティング - 読了:竹村(1992) 多属性態度モデルをファジイ集合に拡張する