elsur.jpn.org >

« 読了:「観音さま」 | メイン | 読了:藤井ほか(1993), 黒住(2008), 山本(1992), Patterson(2011): 経済時系列分析と単位根検定 »

2019年1月28日 (月)

年末年始で本の記録を整理していて、この2年ほどは小説から遠ざかっているという危機感を持ち、1月は移動時間中に極力フィクションを読むよう心掛けていた。といっても、コートのポケットにはいる海外ミステリに偏ってしまうのだが...

Bookcover 償いの雪が降る (創元推理文庫) [a]
アレン・エスケンス / 東京創元社 / 2018-12-20
えーと、青春ミステリっていうのかしらん? こういうのだと知ってたら読まなかったタイプの小説なんだけど、ま、面白かった。

Bookcover 凍てつく街角 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) [a]
ミケール カッツ クレフェルト,Michael Katz Krefeld / 早川書房 / 2017-02-09
デンマークの人気作家だそうだ。心に傷を抱え酒浸りの刑事が、失踪事件を追うなかで自分を取り戻していく、というような話。

Bookcover あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF) [a]
テッド・チャン / 早川書房 / 2003-09-30
えーと、これはSF短編集で、表題作はおととし公開の映画「メッセージ」の原作。映画を観た直後にだいたい読んでいたんだけど、整理のためこのたび読了。「バビロンの塔」がいちばんおもしろかった。

Bookcover あなたを愛してから (ハヤカワ・ミステリ1933) [a]
デニス・ルヘイン / 早川書房 / 2018-07-05
人気作家ルヘインの新作。昨年読んだ「ザ・ドロップ」が全然印象に残ってないので、あんまり期待してなかったんだけど、いやー、これはまさにノンストップ・スリラーだわ...

フィクション - 読了:「あなたを愛してから」「あなたの人生の物語」「凍てつく街角」「償いの雪が降る」