elsur.jpn.org >

« 読了:「マキァヴェッリ」「試される民主主義」「ミシェル・フーコー」「経済数学入門の入門」「ルポ トランプ王国2」 | メイン | 読了:「論点別 昭和史」 »

2020年1月 2日 (木)

Bookcover 私は本屋が好きでした──あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏 [a]
永江朗 / 太郎次郎社エディタス / 2019-11-25
最近読んだ本の中ではベストワン。出版業界に詳しいジャーナリストとして知られる著者が、近年の書店に溢れたヘイト本をめぐって、作り手・流通・書店を訪ね歩き思い悩む。単純な悪人はいない。あまりに難しい、心が重くなるような話だけど... 平凡な読者としては、たとえ小さな声であっても、抵抗を続けるしかないんでしょうね。

Bookcover リベラル・デモクラシーの現在: 「ネオリベラル」と「イリベラル」のはざまで (岩波新書 新赤版 1817) [a]
樋口 陽一 / 岩波書店 / 2019-12-22

Bookcover コケはなぜに美しい (NHK出版新書) [a]
大石 善隆 / NHK出版 / 2019-06-11

Bookcover フィレンツェ――比類なき文化都市の歴史 (岩波新書) [a]
池上 俊一 / 岩波書店 / 2018-05-23
人生、準備不足で後悔することばかりである。この本にしたって、昨年現地に行く前に読んでおけばどんなに楽しかったか...

ノンフィクション(2018-) - 読了:「私は本屋が好きでした」「フィレンツェ」「リベラル・デモクラシーの現在」「コケはなぜに美しい」