elsur.jpn.org >

« 読了:03/28 | メイン | 読了:04/07 »

2005年3月30日 (水)

Bookcover 学力低下と新指導要領 (岩波ブックレット) [a]
/ 岩波書店 / 2001-06-20
昨夜の酒のせいか,早朝に目が覚めてしまったので,朝風呂に浸かりつつ読了。
西村和雄・戸瀬伸之(経済学),上野健爾・浪川幸彦(数学),和田秀樹のそれぞれが持ち寄った短文の集成で,上からみた学力低下論のマニフェストみたいなもの。(1)とにかく学力が下がっているぞ,(2)新指導要領における内容削減をどうにかしろ,という非常にシンプルな主旨。
もう不思議で不思議でしょうがないのだが,学力が下がったのがゆとり教育のせいだという証拠はいったいどこにあるんだか。どうでもいいけど。
なんだか文章の質にばらつきがあるような気がするのだが,上野健爾という先生の書いた部分は面白い。この人は総合学習自体は評価していて,実現するだけのリソースが現場に与えられていないことのほうを批判している(そんなのは特攻隊精神である由。なるほど)。内容削減についても,それ自体を非難するというよりは,削減の非体系性とその決定プロセスの密室性を問題にしているようだ。筋が通っているなあ。

心理・教育 - 読了:03/30

rebuilt: 2020年4月20日 19:06
validate this page