elsur.jpn.org >

« 読了:05/30 (C) | メイン | 読了:06/11まで (F) »

2005年6月 1日 (水)

Sperber, D. & Hirschfeld, L.A. (2004) The cognitive foundations of cultural stability and diversity. Trends in Cognitive Sciences, 8(1), 40-46.
 文化の多様性にも関わらず,素朴物理学とか心の理論とかに普遍性が見られるのは,領域固有な認知モジュールのせいでありましょう。それらのモジュールの対象とする領域が人為的に拡張される,そのありかたに文化差があるのです。とかなんとか,そういう趣旨だったかな。
 成長曲線分析のブームがちょっと一段落して,昼飯時に読むものがなくなってしまったので,気まぐれに手に取ったもの。著者の名前に惹かれたんだけど,関連性理論のかの字も出てこないし,レビューというよりオピニオン論文だったし。別に読むことなかった。

論文:心理 - 読了:06/01

rebuilt: 2020年4月20日 19:06
validate this page