elsur.jpn.org >

« 読了:08/02まで (A) | メイン | ベンディングマシン・レッド »

2007年8月 2日 (木)

Bookcover 経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには (中公新書) [a]
大竹 文雄 / 中央公論新社 / 2005-12
著者はただいま大活躍中の経済学者。格差社会をめぐる論争では,どっちかといえば政府寄りの,いわば悪役を引き受けている学者だと思う。
 この本はなんだか品のないタイトルなので,いまいち手が出なかったのだが(前著も読みかけだし),評判になっているようなので読んでみた。
 いやあ,これは面白い本だった。著者のいう「センス」とは,観察に基づく因果推論のことなのである。経済学の入門書としてどうなのかは判断できないが,これは調査データの解釈についての素晴らしい教科書だと思った。
 各章が短くてとっつきやすいし,親しみやすい事例が選び抜かれているし,人に勧めたくなるタイプの本である。なるほど,これは売れるわけだ。

ノンフィクション(-2010) - 読了:08/02まで (NF)

rebuilt: 2020年4月20日 19:04
validate this page