elsur.jpn.org >

« 読了:10/21まで (C) | メイン | 読了:10/21まで (F) »

2007年10月21日 (日)

Bookcover ニュース・ジャンキー--コカイン中毒よりもっとひどいスクープ中毒 (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ) [a]
ジェイソン・レオポルド / 亜紀書房 / 2007-09-02
マスメディアの内部告発本かと思ったら,毀誉褒貶半ばする有名記者の自叙伝であった。大学中退でヤク中で前科持ちであることを隠したまま,ダウ・ジョーンズのロサンゼルス支局長にまでなったのだそうだ。
 面白い本ではあるけれど。。。真摯な告白の最中にさえついつい話を面白くしてしまうタイプの人がいるものだが,この著者はそういう人なんじゃないかと思う。
 本筋とは関係ないが,なにより驚いたのは,かの有名な馬鹿映画「アタック・オブ・ザ・キラートマト」の脚本家が登場するくだり。彼はカリフォルニアの上院議員になっていて,エンロン事件で重要な役回りを演じるのである。ええええ,嘘だああ。

 「アタック・オブ・ザ・キラートマト」は寒い寒いギャグが詰まったどうしようもない駄作で,しかも「駄作を狙って作っています」というクササがまた正視に耐えないのだが,困ったもので,たった一度しか観ていないのにふと思いだしてしまうことがある。こないだ会社で,数人でどやどやと会議スペースに入ったとき,ふいにこの映画の会議室のギャグ(将軍たちが会議室に集まるが,部屋にくらべて机が大きすぎるせいで身動きがとれなくなる)を思いだして一人で笑い転げてしまい,理由を説明するのに苦労した。

ノンフィクション(-2010) - 読了:10/21まで (NF)

rebuilt: 2020年4月20日 19:04
validate this page