elsur.jpn.org >

« 読了:03/09まで (A) | メイン | 読了:04/06まで (NF) »

2008年4月 6日 (日)

Bookcover コーヒーもう一杯 IV (ビームコミックス) [a]
山川 直人 / エンターブレイン / 2008-03-24
Bookcover 地球の生活 (BEAM COMIX) [a]
山川 直人 / エンターブレイン / 2008-03-24

Bookcover 金田夫妻 [a]
けら えいこ / 幻冬舎 / 2008-03
旧作の寄せ集め。別に買うほどのことはなかった。。。
Bookcover カラスヤサトシ 3 (アフタヌーンKC) [a]
カラスヤ サトシ / 講談社 / 2008-03-21
Bookcover 萌道 (バンブー・コミックス) [a]
カラスヤ サトシ / 竹書房 / 2008-03-21

Bookcover デトロイト・メタル・シティ 5 (ジェッツコミックス) [a]
若杉 公徳 / 白泉社 / 2008-03-28

Bookcover グーグーだって猫である [a]
大島 弓子 / 角川書店 / 2000-07

Bookcover グーグーだって猫である〈2〉 [a]
大島 弓子 / 角川書店 / 2002-12
 
Bookcover グーグーだって猫である (3) [a]
大島 弓子 / 角川書店 / 2007-05

Bookcover ぼく、オタリーマン。3 [a]
よしたに / 中経出版 / 2008-03-22

Bookcover ダーリンは外国人 with BABY [a]
小栗 左多里,トニー・ラズロ / メディアファクトリー / 2008-03-12
なんでかしらんが,買っちゃった。。。
Bookcover ナッちゃん東京編 1―下町鉄工所奮闘記 (ジャンプコミックスデラックス) [a]
たなか じゅん / 集英社 / 2008-04-04
21巻続いた鉄工所マンガ「ナッちゃん」の番外編。
Bookcover シャーリー (Beam comix) [a]
森 薫 / エンターブレイン / 2003-02

Bookcover アラベスク (1) 第1部上 (白泉社文庫) [a]
山岸 凉子 / 白泉社 / 1994-12
Bookcover アラベスク (2) 第一部 下巻 (白泉社文庫) [a]
山岸 凉子 / 白泉社 / 1994-12
Bookcover アラベスク (3) 第2部 上巻 白泉社文庫 [a]
山岸 凉子 / 白泉社 / 1994-12
Bookcover アラベスク (4) (白泉社文庫) [a]
山岸 凉子 / 白泉社 / 1994-12
Bookcover 牧神の午後 (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ) [a]
山岸 凉子 / メディアファクトリー / 2008-03-27

Bookcover 竹光侍 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) [a]
松本 大洋,永福 一成 / 小学館 / 2008-03-28

Bookcover コミック昭和史(6)終戦から朝鮮戦争 (講談社文庫) [a]
水木 しげる / 講談社 / 1994-10-05
Bookcover コミック昭和史(7)講和から復興 (講談社文庫) [a]
水木 しげる / 講談社 / 1994-11-04
Bookcover コミック昭和史(8)高度成長以降 (講談社文庫) [a]
水木 しげる / 講談社 / 1994-11-04
5巻を入手できず,飛ばして読んでいる。
Bookcover ハチワンダイバー 1 (ヤングジャンプコミックス) [a]
柴田 ヨクサル / 集英社 / 2006-12-19
Bookcover ハチワンダイバー 2 (ヤングジャンプコミックス) [a]
柴田 ヨクサル / 集英社 / 2007-03-19
Bookcover ハチワンダイバー 3 (ヤングジャンプコミックス) [a]
柴田 ヨクサル / 集英社 / 2007-06-19
Bookcover ハチワンダイバー 4 (ヤングジャンプコミックス) [a]
柴田 ヨクサル / 集英社 / 2007-09-19
Bookcover ハチワンダイバー 5 (ヤングジャンプコミックス) [a]
柴田 ヨクサル / 集英社 / 2007-12-19
Bookcover ハチワンダイバー 6 (ヤングジャンプコミックス) [a]
柴田 ヨクサル / 集英社 / 2008-03-19
ヤング・ジャンプ連載,真剣師(賭け将棋のプロ)の世界に身を投じた青年が主人公。評判になるだけあって,なるほど,これは面白い。
俺は将棋について全く無知なので,「君の玉には詰めろがかかって受けるのも一手一手の寄りだ」なんて台詞があっても,なんのことだかさっぱりわからないのだが,それでも物語の上でのニュアンスは理解できるし,ストレスを感じない。不思議なものだなあ。

コミックス(-2010) - 読了:04/06まで (C)