elsur.jpn.org >

« 読了:12/15まで (A) | メイン | 読了:12/16まで (NF) »

2008年12月16日 (火)

Bookcover 遺跡の人 (アクションコミックス) [a]
わたべ 淳 / 双葉社 / 2007-12-12
仕事が減ったマンガ家が,遺跡発掘のアルバイトで経験した人間模様を描いたエッセイ。同種の作品として吾妻ひでお「失踪日記」,黒咲一人「55歳の地図」が思い出されるが,この人の場合はマンガ家を廃業したつもりはさらさらなくて,単に生活のためのアルバイトであるところが特徴である。
一話一話がぴしっとまとまっていて,全く破綻がない。いかにもベテランマンガ家だなあ,という感じ。いっちゃなんだけど,あまりに形が整っているせいで,かえってなんだか古くさい印象さえうける。

Bookcover カマかけたらクロでした [a]
うえみあゆみ / メディアファクトリー / 2008-10-29
夫の浮気,離婚,復縁までをつづったエッセイコミック。別に買うほどの本ではなかったけれど,まあ人によっては実用的価値があるかも。

Bookcover つげ義春コレクション 李さん一家/海辺の叙景 (ちくま文庫) [a]
つげ 義春 / 筑摩書房 / 2008-12-10
Bookcover つげ義春コレクション 大場電気鍍金工業所/やもり (ちくま文庫) [a]
つげ 義春 / 筑摩書房 / 2008-11-10
いまちくま文庫でつげ義春選集が刊行中で,これは全9巻のうち2,3巻目。だいたい既読の作品であった。
今回読み直して,はじめて「沼」という短編の素晴らしさがわかったような気がする。十年くらい前に読んだときは,なんだこれは,落ちはどこだ,という感じだったのである。

Bookcover おんなの窓〈2〉 [a]
伊藤 理佐 / 文藝春秋 / 2008-12
Bookcover おいピータン!!(11) (ワイドKC Kiss) [a]
伊藤 理佐 / 講談社 / 2008-12-12
日常のささいなエピソードだけに基づく,一級の娯楽作品。現状肯定のトーンを決して失うことがない。恐るべき職人芸だ。

コミックス(-2010) - 読了:12/16まで (C)