elsur.jpn.org >

« 読了:06/26まで (F) | メイン | 読了:07/07まで (C) »

2009年6月28日 (日)

Bookcover 政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年 [a]
ジェラルド・カーティス / 日経BP社 / 2008-04-17
買ったまま本棚で眠っていたのを,休みの日に本棚を整理していて発掘し,めくってみたらこれが面白くて,そのまま読了。
 著者は自民党議員の選挙運動を参与観察した研究で有名な政治学者。半分くらいは心温まる思い出話なのだが,後半では日本の政治システムについて意外に厳しい批判がなされている。いま必要なのは,政策通の政治家でなく政治通の政治だ,とのこと。
 アメリカの日本研究者を世代で分けると,第一世代は戦前のジャパノロジスト,中国語を習ってから日本研究をはじめた人たちで,たとえばライシャワーなど。宣教師の子弟が多い。第二世代は軍で日本語を覚えてGHQで働いた人たちで,ドナルド・キーン,サイデンステッカーなど。第三世代は好奇心で研究を始めた人で,これがカーチス先生たちなのだそうだ。なお,第四世代には日本脅威論を背景にしたリビジョニストが多く,第五世代は逆に,バブル崩壊以降の日本の政治・経済システムがなぜうまく機能しなくなったかに関心を持つのだそうだ。

ノンフィクション(-2010) - 読了:06/28まで (NF)