elsur.jpn.org >

« 読了:02/07まで (NF) | メイン | 読了:02/14まで (C) »

2010年2月 8日 (月)

Bookcover 流れる (新潮文庫) [a]
幸田 文 / 新潮社 / 1957-12-27
今年度の非常勤の講義も無事終了にこぎつけた。受講者の学生さんたちにも恵まれ,感謝,感謝である。
 勤務先の方は暇とは言い難いが,講義の準備がないとなると,平日夜の気持ちも少し軽くなる。ときには大急ぎで仕事を終わらせ,レイトショーの映画館に駆け込んだりすることもある。
 先月そんなふうに都合をつけて観にいったのが,神田神保町シアターの高峰秀子連続上映であった。成瀬巳喜男「流れる」のあまりの素晴らしさに感嘆し,原作も読んでみた次第。
 小説の方も素晴らしいけど,著者の小説デビュー作とのことで,前に読んだ「おとうと」には一歩譲る感じである。いやいや,映画はほんとに素晴らしいです。杉村春子が酔って踊る場面に痺れました。
 なお,高峰秀子連続上映の最終日最終回,成瀬巳喜男の傑作と名高い「浮雲」の上映に,息せき切って駆けつけたのだけれど,なんと満席で入れなかった。ロビーに詰め掛けていた観客の多くは団塊世代のようで,これじゃ勤め人には分が悪い。
 
Bookcover 野川 (講談社文庫) [a]
古井 由吉 / 講談社 / 2007-08-11
昨年からちびちびと読んでいた小説。著者独特の幻想的な文体で,読んでいると次第に訳がわからなくなってくる。もうちょっと年をとってから読んだほうがいいのかも。

フィクション - 読了:02/07まで (F)

rebuilt: 2020年4月20日 19:02
validate this page