elsur.jpn.org >

« 読了:「小澤征爾さんと,音楽について話をする」 | メイン | 読了:Vermunt & Magidson (2005) 潜在クラス因子分析は素敵だ »

2011年12月27日 (火)

Armstrong, J.S. (2012) Illustions in regression analysis. International Journal of Forecasting, forthcoming.
 著者はマーケティングの予測手法研究の偉い人。この論文は先日読んだ Soyer & Hogarth へのコメンタリーで、昔話と冗談を交えたうんちく話という感じ。
 面白かったところをメモ:

 先生が推薦するところの、事前知識をフル活用したアプリオリな手法として、index method というのが紹介されているのだけれど、説明が短くてよくわからなかった。Armstrong & Graefe (2011, J. Business Res.)がreferされているが、先生はやたらに著作の多い方らしいから、きっと他のにも書いてあるだろう。

論文:データ解析(-2014) - 読了: Armstrong(2012) 回帰分析にまつわる幻想