elsur.jpn.org >

« 読了: Bender, R. & Lange, S. (2001) いつどうやって多重比較するか; Perneger (1998) Bonferroni法は使うな; Goodman (1998) 多重比較論争の真の対立点 | メイン | 読了:「僕の小規模な生活」「百姓貴族」「イムリ」「レッド」 »

2012年2月28日 (火)

Bookcover プロモーション効果分析 (シリーズ・マーケティング・エンジニアリング) [a]
守口 剛 / 朝倉書店 / 2002-12
仕事の都合で読んだ。著者はこの分野のすごく有名な先生。読む前はちょっと憂鬱だったのだが,とても勉強になりました。
 1章~4章はプロモーション(販促)効果研究の概説。5章からは分析事例で、順に、

9章は、価格プロモーションの弊害と、FSPなどをつかったダイレクト・プロモーションの考え方の紹介。
 いくつかメモ:

 各章に実習課題がついていて、実に親切である。Excelのソルバーをつかって多項ロジットモデルの推定をしてみましょう、とか。きっと講義の教材だったのだろう。いいなあ、楽しそうだなあ、リア充っぽい感じの大学のおしゃれなキャンパスのパソコン教室で、女の子たちと一緒にわいわい実習してみたかったなあ。などと思ったのだが、自分の20代を振り返ると、このようなカネに絡む話はもうてんでバカにして小説と哲学書ばかり読んでいたから、そんな講義には出席してみようとさえ思わなかっただろう。どうもすみませんでした。そもそも、通った大学もあまりリア充っぽくなかったし。いやそもそも、大学にろくに行ってなかったし。重ねてすみませんでした。

マーケティング - 読了:「プロモーション効果分析」