elsur.jpn.org >

« 読了:Gawronski & De Houwer (in press) 潜在認知指標レビュー | メイン | 読了:「スクールボーイ閣下」「スマイリーと仲間たち」 »

2012年5月17日 (木)

星野・岡田(2006) 傾向スコアを用いた共変量調整による因果効果の推定と臨床医学・疫学・薬学・公衆衛生分野での応用について. 保健医療科学, 55.
仕事の都合で読んだ。たぶん再読だと思う。わかりやすい名解説。

それから、BMJの論文と, Social Indicaters Res.の論文。勤務先の仕事と近すぎて、ちょっとここには書きにくい。そうだ、それからGelman&Hill のChap.1を読んだっけ。全25章、気力が続くかどうか怪しいところだ。

論文:データ解析(-2014) - 読了:星野・岡田(2006) 傾向スコアで共変量調整;ほか

rebuilt: 2020年4月20日 18:59
validate this page