elsur.jpn.org >

« 読了:「間違いの喜劇」 | メイン | 読了:Plummer, et al. (2007) 広告・ブランド関与の測定手法集 »

2012年6月12日 (火)

Curran, P.J., Bauer, D.J. (2007) Building path diagrams for multilevel models. Psychological Methods, 12(3), 283-297.
 ここんとこちょっとバタバタしていたもので,気分転換に,積んである資料の山のなかからなるべくどうでもよさそうな奴を選んで手に取った。
 マルチレベル・モデル(multilevel model)をパス図で描く方法を提案する論文。いったいどうやって描けばいいんだろうかと,前から気になっていたのである。Muthenさんたちは,ランダム係数をパスの上の黒丸で描いたり,階層ごとにパス図を書いて点線で区切ったりしているけど,ああいうの,他の人が描いているのをみたことがないような気がする。
 このような,いっちゃなんだがどうでもいいような話についても,さすがに著者らはちゃあんとレビューしていて,

というわけで、著者の提案は以下の通り。基本的にSEMのパス図の描き方と同じなのだが、次の点が違う:

図の例をみてみると、円が潜在変数ではないというのは意外に違和感がないが(円は必ず線に重なっているので、見まちがえる心配はない)、結局レベルを添え字で表しているところがわかりにくい...方程式との整合性を重んじると、こうなるのは仕方ないんだろうけど。
事例がいくつか紹介されていたんだけど、睡眠不足のせいもあり、数行ごとに意識が遠のくような感じで、結局全部流し読み。まあ、しょうがないや。次に行こう。

論文:データ解析(-2014) - 読了:Curran&Bauer(2007) マルチレベル・モデルをパス図で描く方法