elsur.jpn.org >

« 読了:「宇宙怪人しまりす 医療統計を学ぶ 検定の巻」 | メイン | 読了:「デリバリーシンデレラ」 »

2012年8月18日 (土)

Kahneman, D., & Frederick, S. (2005) A model of heuristic judgement. Holyoak, K. J. & Morrison, R.G. (eds.) "The Cambridge Handbook of Thinking and Reasoning," Chapter 12. Cambridge University Press.
 70年代初頭のTversky&Kahnemanにはじまる、ヒューリスティックスとバイアスの研究を振り返り、著者らの最新の道具立て(2システム・モデル)によって整理する内容。有名な代表性ヒューリスティクスや利用可能性ヒューリスティクスは、ここでは属性代用 (attribute substitution) のプロセスとして説明される。

 いくつかメモ:

 この論文は、ちょっといきさつがあって以前著者にご恵送いただいたのだが(ありがとうございました...)、そのときはどうしても読めなかった。このたび仕事の都合で淡々と目を通したのだけれど、自分が心理学の理論論文を再び読もうと思うことがあるとは全く思わなかったし、こうして穏やかに読めるようになる日が来るとも思わなかった。ずいぶん節操のないことだとも思うし、時間とともに変わらないものなどなにもないのだなあ、という感慨もある。

論文:心理 - 読了:Kahneman & Frederick (2005) ヒューリスティック的判断のモデル

rebuilt: 2020年4月20日 18:59
validate this page