elsur.jpn.org >

« 読了:Shadish & Sullivan (2012) Cambell vs. Rubin vs. Pearl, 統計的因果推論の頂上決戦 | メイン | 読了:Little (2006) 古典的統計学とベイズ統計学の折衷派宣言 »

2012年8月24日 (金)

Boettcher, S.G., Dethlefsen, C. (2003) deal: A package for Learning Bayesian Networks. Journal of Statistical Software, 8(20).
Rのベイジアン・ネットワーク用パッケージ deal の紹介。構造学習はスコア法。離散変量と連続変量の混在を許す。
散在する数式をみて、こりゃ読んでもわけわからんだろうと予期していたのだが、やっぱりわけわかんなかった。Master Prior ってなによ...泣いちゃうぞ...

それにしても、Rのパッケージはなにかしらの紹介論文をめくった後でないと本気で使う気になれない、というのは、ちょっと頭が固すぎるんだろうなあ。

論文:データ解析(-2014) - 読了:Boettcher & Dethlefsen (2003) dealパッケージ