elsur.jpn.org >

« 読了:「秋津」「千年万年りんごの子」「予告犯」「87 Clockers」「すみれファンファーレ」 | メイン | 読了:Myers & Alpert (1977) 重要性という概念の曖昧さ »

2012年10月23日 (火)

Bookcover ときめくきのこ図鑑 (Book for Discovery) [a]
堀 博美 / 山と渓谷社 / 2012-09-21
きのこの図鑑,というよりも写真集,ならびに素人向けきのこ解説書。
詳しく知りたい人は,全国各地のきのこサークルが主催する観察会に参加するとよい,とのこと。そんなのがあるのか。

Bookcover ハドリアヌス ─ ローマの栄光と衰退 [a]
アントニー エヴァリット / 白水社 / 2011-10-07
ローマ皇帝ハドリアヌスの伝記。著者はジャーナリスト出身の人だそうで,読み物として面白かった。

Bookcover 若松孝二11・25自決の日三島由紀夫と若者たち [a]
若松孝二 / 游学社 / 2012-06
今月惜しくも事故で亡くなった若松孝二監督が昨年撮った,同題名の映画についての書籍。
 映画のほうは,良い映画かどうかは正直言ってわからないのだけれど,その内容が劇場を出たあとの日常にも浸食してくる,というようなインパクトのある作品であった。
 楯の会の青年達とともに死に向かう三島を,映画はぴったりと寄り添うようにして描写するのだけれど,あの市ヶ谷のバルコニーの演説の場面では,三島の叫び声だけがむなしく響き。。。こういっては大変失礼だけれども,やはりあのシーンは,かなりコミカルに感じられた。映画の見方にもちろん正解はないだろうけど,そういう見方でよかったのかなあ,と後であれこれ考えた。

ノンフィクション(2011-) - 読了:「ときめくきのこ図鑑」「ハドリアヌス」「11.25 自決の日」

rebuilt: 2020年4月20日 18:59
validate this page