elsur.jpn.org >

« 読了:Bacher et al.(2004) SPSS TwoStep Clusterの謎を解く | メイン | 実験計画の最適性について (お問い合わせに答えて) »

2012年11月 9日 (金)

de Leeuw, J. & Mair, P. (2009) Multidimensional scaling using majorization: SMACOF in R. Journal of Statistical Software, 31(3).
 RのMDS用パッケージ SMACOF の解説。仕事の都合で読んだ。
 このパッケージは,計量的・非計量的MDSの解を求める際にSMACOF(Scaling by majorizing a complicated function)という方法で目的関数を最適化する。その仕組みは,えーっと... 真面目に数式を追いかけたのだが,途中で落ちこぼれた。まあ,これはさすがに仕方ない,私の能力を超えている。
 それはともかく,高根のALSCALのような他の方法と比べた利用上の得失について,教えてくれたら助かったんだけどなあ。そのへんは,Cox&Cox(2001) という本を読めとのことであった。

論文:データ解析(-2014) - 読了:de Leeuw & Mair (2009) パッケージSMACOF