elsur.jpn.org >

« 読了:「ベケットといじめ」「お菓子でたどるフランス史」「ハンナ・アーレント」 | メイン | 読了:「逆さまゲーム」「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 »

2014年5月11日 (日)

Bookcover 輿論と世論―日本的民意の系譜学 (新潮選書) [a]
佐藤 卓己 / 新潮社 / 2008-09
あまりに面白すぎてうんざりし、途中で放り出してしまう本、というのがあるように思う。この本もそんな一冊で、読みかけのまま三年ほど書棚の奥にあった。このたび意を決して無理矢理読了。
 輿論(ヨロン, public opinion)と世論(セロン, popular sentiments)を区別すべきだ、という主張を軸に、戦後言論史を縦横に語る。

 いくつか覚え書き。

日本近現代史 - 読了:「輿論と世論」