elsur.jpn.org >

« 読了:LaBarbera & Mazursky (1983) 顧客満足の縦断研究 | メイン | 読了:大津・長沢 (2011) 行動的経験価値をどうやって構築するか »

2014年11月19日 (水)

村山航 (2012) 妥当性:概念の歴史的変遷と心理測定学的観点からの考察. 教育心理学年報, 51, 118-130.
 ちょっと用事があって目を通した。かなり前に(前の前の勤務先の頃)、テスト学会のイベントで、著者による妥当性についての講演を拝聴したことがあって、大変勉強になったのだが、たぶんあの講演の論文化だと思う。
 いくつかメモ:

Borsboomさんという、Messick流の構成概念妥当性概念をきつーく批判している人がいるけど(この人、なかなか面白いのだ)、2009年のSEM誌に"Educationnal Measurement" 4th ed. の書評という形で批判を書いているらしい。ちょっと読んでみたい。いや、待て、その後に出た著書が積んだままになっているような気が...

論文:データ解析(-2014) - 読了:村山 (2012) 妥当性研究レビュー

rebuilt: 2020年4月20日 18:57
validate this page