elsur.jpn.org >

« 読了:「縮小都市の挑戦」「砂糖の通った道」「数学が生まれる物語」「砂糖の世界史」「美の猟犬 安宅コレクション余聞」 | メイン | 読了:Green & Krieger (1988) コンジョイント分析で推定した効用から市場シェアを推定する方法 in 1988 »

2016年1月17日 (日)

年始に集計してみたところ、2015年中に読んだ本のうち、小説などフィクションはたったの18冊。記録が残っている2005年以来最低の冊数である。いくつか要因はあるけれど、第一に忙しさ、第二にスマホの影響だ。
 たくさん読めばいいってもんでもないけれど、これはあまりに寂しすぎる。死ぬ前に「あの小説読みたかったな」と思うことはあっても、「もうちょっとスマホいじりたかったな」と思うことはたぶんない。今年はもうちょっと小説を読もう...

Bookcover 月と篝火 (岩波文庫) [a]
パヴェーゼ / 岩波書店 / 2014-06-18
というわけで、何か月も読みかけであった小説を年始に頑張って読み終えた。パヴェーゼの小説はいつもそうなんだけど、あまりに切々と哀しくて、途中で辛くなってしまうのである。
 イタリア現代史の知識がないせいで、よく理解できないところがあるのが残念だ。

Bookcover 氷 (ちくま文庫) [a]
アンナ カヴァン / 筑摩書房 / 2015-03-10
暗ーい暗ーい幻想小説であった。

フィクション - 読了:「月と篝火」「氷」