elsur.jpn.org >

« 読了:「百年の孤独」「緑衣の女」「声」 | メイン | 読了:Wasserstern & Lazar (2016) p値に関するASAの声明について »

2016年3月 1日 (火)

野村竜也 (2016) Human-Agent Interaction (HAI) における人の主観的評価. 人工知能, 31(2), 224-229.
最新号の人工知能誌に載っていた。お茶のお伴に読んだ(むやみに優雅に聞こえる言い回しだ...それどころではないんだけど...)。いま切羽詰まった関心はないんだけど、電子機器への態度という意味では仕事と関係する話である。

 いくつかメモ:

論文:調査方法論 - 読了:野村 (2016) ヒューマン-エージェント・インタラクションの主観的評価