elsur.jpn.org >

« 読了:「階級都市」「人はなぜ宗教を必要とするのか」「テロルと映画」「鎌倉幕府」「ガルブレイス」「寛容論」 | メイン | 読了:「成熟と喪失」「丹下健三」「溺れるものと救われるもの」「『憲法改正』の真実」「日本会議の研究」「村上ラヂオ3」「大人の樹木学」 »

2016年5月23日 (月)

Bookcover 痴女の誕生 アダルトメディアは女性をどう描いてきたのか [a]
安田理央 / 太田出版 / 2016-03-31
興味深い本であった。「痴女」「熟女」といった概念がどうやって形成されてきたか、という考察にとても力がはいっているし、また面白い部分でもあったのだが、身体に装着した架空の男性器(張り子)を愛撫された女性が興奮するのをみてAV監督が新シリーズを決断する、というくだりにも不思議な面白さがある。心理学でやるゴムの手の実験を思い切り複雑にしたような話だ。

Bookcover 天正遣欧使節 [a]
松田 毅一 / 朝文社 / 1991-11
単行本を古本屋で入手したが、どうやら講談社学術文庫にはいっている模様。
 著者の松田毅一さんは70年代に天正少年使節についての子供向けの本を何冊か書き(私が読んで感動したのもその一冊だったのであろう。「ふたつの使節」という本だった)、そのなかの「天正の少年使節」という本が読書感想文の課題図書に選ばれ二十万部も売れた由。実はそれらはヨーロッパ旅行の資金を貯めるために大急ぎで書いた本で、おかげですごく助かったのだそうだ。よかったですね。

Bookcover 自死: 現場から見える日本の風景 [a]
瀬川正仁 / 晶文社 / 2016-05-10
こどもの自殺、過労死、精神医療における薬害の問題など、それぞれに大きなテーマを一冊に詰め込んでしまって、なんだかピントがぼけちゃったような感じ...

Bookcover 公明党 - 創価学会と50年の軌跡 (中公新書) [a]
薬師寺 克行 / 中央公論新社 / 2016-04-19

Bookcover マルクス思想の核心―21世紀の社会理論のために (NHKブックス No.1237) [a]
鈴木 直 / NHK出版 / 2016-01-22

Bookcover 闇経済の怪物たち グレービジネスでボロ儲けする人々 (光文社新書) [a]
溝口 敦 / 光文社 / 2016-04-19

ノンフィクション(2011-) - 読了:「闇経済の怪物たち」「マルクス思想の核心」「天正遣欧使節」「痴女の誕生」「公明党」「自死: 現場から見える日本の風景」