elsur.jpn.org >

« 読了: Li, Song, & Gray (2004) マッチングのあるケース・コントロール・デザインの条件付きロジスティック回帰で曝露変数に欠損があったら除去すべきか0埋めしてフラグを立てるべきか | メイン | 読了: Hanson(2007) 文系の君にはわからんだろうがこれがLMSRマーケット・メーカだ »

2015年2月11日 (水)

Jain, A.K. (2010) Data clustering: 50 years beyond K-means. Pattern Recognition Letters, 31(8), 651-666.
魅力的題名に惹かれて、MCMCが止まるまでの時間つぶしに手に取った。雑誌についてはよく知らないが、工学系でIF 1.06というのはきっとマイナー誌であろう。著者のなにかの会議での受賞記念講演をまとめたものらしい。

いくつかメモ:

先生曰く、「たいていの応用場面では、本当に大事なのは最良のクラスタリング・アルゴリズムを選ぶことではない。むしろ、データの背後にあるクラスタリング構造を同定するための、適切な特徴抽出手法を選ぶことのほうがより重要である」とのこと。へへーっ(平伏)。

論文:データ解析(2015-) - 読了: Jain (2010) クラスタリング50年史

rebuilt: 2020年4月20日 18:56
validate this page