elsur.jpn.org >

« 読了:Zeugner & Feldkirchner (2015) RのBMAパッケージ | メイン | 読了:Clyde & George (2004) ベイジアン・モデル・アベレージング・レビュー »

2016年2月 8日 (月)

 仕事していて、ふと思うことがあったのである。これって、PLS回帰モデルを協調学習するとうまくいくんじゃないかしらん。ははは、まさかそんな手法はないよね... とためしに検索してみたら、なんと、パッケージがあった... 世の中は広いなあ...

Xiao, N., Cao, D, Xu, Q.S. (2015) enpls: R Package for Ensemble Partial Least Squares Regression.
 Rパッケージenplsのvignett。

 要するに、訓練データからリサンプリングしてpls回帰モデルをk本つくる。リサンプリングはモンテカルロとブートストラップを用意している。並列処理もできる。
 係数の平均をSDで割ったのを重要性として表示してあげるから変数選択に使え。外れ値検出の機能もつけたので使え[詳細略]。 無論予測もできるので使え。k-fold CVもつけたので使え。以上。

 そ... そうですか...

論文:データ解析(2015-) - 読了:Xiao, Cao, & Zu (2015) 協調PLS回帰 (Rのenplsパッケージ)

rebuilt: 2020年4月20日 18:55
validate this page