elsur.jpn.org >

« 読了:「親鸞再考」 | メイン | 読了:「夢みごこち」ほか »

2011年1月24日 (月)

Bookcover マイ・バック・ページ - ある60年代の物語 [a]
川本 三郎 / 平凡社 / 2010-11-26
評論家の川本三郎さんはかつて過激派学生の起こした殺人事件に関わって朝日新聞社をクビになっているのだが,そのいきさつを自ら発表していたとは知らなかった。原著は88年刊,このたび映画化されるので復刊された由。
 前半は70年前後の東京の日々を描いたエッセイ。「大学はますます遠くなり,反比例して町が『私の大学』になった」なあんて大真面目に書かれてしまうと,全身が痒くなって困る。この世代の人のこういう感傷にはかなわんなあ,と溜息をつきながらめくっていたのだが,事件から逮捕・懲戒免職に至るくだりになって俄然引き込まれた。ジャーナリストの倫理云々の問題というより,20代の青年がある状況の中で不器用に苦闘するという話として,共感を持って読んだ。20年近く経ってからの回想とはいえ,書くのはしんどかっただろうなあ。

ノンフィクション(2011-) - 読了:「マイ・バック・ページ」