elsur.jpn.org >

« 読了:「女殺油地獄・出世景清」「リチャード二世」 | メイン | 読了:Molenaar & Ram (2009) 動的因子分析レビュー »

2014年7月 3日 (木)

多変量時系列データの分析手法を指す、「動的因子分析」とか「ダイナミック・ファクター・モデル」とかいう言葉があるけど、この言葉で指しているモデルの形式が人によってバラバラであることに気が付いた。ちょっと混乱しちゃったので、メモしておく。どうも恥をさらしているような気がしないでもないんだけど...

 なぜ混乱しちゃったかというと、次の2つのタイプのモデルが、両方とも動的因子分析と呼ばれているからである。

 Bを「動的因子分析」と呼ぶのは何となく違和感があるんだけど、そう呼んでいる例も少なくないのである。以下、順不同でメモしておくと...

ほか、気になるけど、どっちだかわかんないやつ: Du Toit & Browne (2001, in Cudeck et al.(eds.)), Wood & Brown (1994, Psych.Bull.), Browne & Zhang (2007, in Cudeck & MacCallum(eds.)), Molennar, De goooijer & Schmitz(1992, Psychometrika)

雑記:データ解析 - 動的因子分析ってなんですか