elsur.jpn.org >

« 読了:Zenobia, Weber, & Daim (2009) エージェント・ベース・シミュレーションによる技術イノベーション研究レビュー | メイン | 読了:北條(2001) 子どもの学力のモデルを2SLSで推定 »

2014年11月27日 (木)

 巷には殺伐とした話が溢れているが、マーケティング分野における「殺伐とした用語」ナンバーワン、それは「顧客生涯価値」だと思う。こないだスタバでおっさんが若者に「マーケティングは愛だ」と熱く語っていて閉口したが、ああいう人に一度訊いてみたいものだ、顧客にとってのサービスや製品の価値ではなく、「企業にとっての顧客の価値」を問う人の、どこにどのような愛があるというのか、と...

Jain, D. & Singh, S.S. (2002) Consumer lifetime value research: A review and future directions. Journal of Interactive Marketing, 16 (2), 34-46.
 サツバツ上等!東京砂漠オッケー!というわけで読んでみたもの。仕事の足しになるかと思って。

 著者曰く...
 顧客生涯価値(CLV)の研究には主な方向が3つある。(1)個々の顧客ないし顧客セグメントのCLVを算出するモデル。(2)顧客ベース分析。将来の取引を予測する。(3)経営上の意思決定支援。企業利益に対するロイヤルティプログラムの効果とか。

 まずはCLV算出モデルについて。以下の4種類に分けられる。

 顧客ベース分析のモデル。以下の2つに分けられる。

 意思決定支援のための規範的モデル。

 これからの研究の方向。

Reinartz & Kumar (2000)って、なにやってんだかさっぱりわからんが、面白そうだなあ。いつか読んでみよう。(と思うだけで、実際には読まないけど)

論文:マーケティング - 読了:Jain & Singh (2002) 顧客生涯価値研究レビュー